お見合いで運命の人に出会いました

PR|自由が丘の人気エステなら|出来る30代男性のオールインワンメンズスキンケア|

わたしは30代前半の男性です。「ヒゲを毎日そるのが面倒でしかたない」「口、頬(ほお)、顎(あご)のヒゲが気になる」。体毛の悩みは、女性に限りません。

東京にある男性専門のエステサロンには、スーツ姿の若い男性や男子学生でにぎわっています。一般に20~30歳代の営業職に従事する男性にヒゲを脱毛したい人が多い。

そこで、長期間にわたり脱毛効果が持続する「レーザー脱毛」という選択肢になります。しかし、レーザー脱毛は医師が施術する保険外治療になるので、保険が適用されない自由診療となります(ただし、レーザー脱毛は医療行為)。

よって、医療費が高額になります。また、レーザー脱毛は利用者にとって痛みもひどく、肉体的負担も大きいのです。そこで、「メディオスター」です。

メディオスターは、従来のレーザー脱毛機器に比べて痛みを軽減しています。従来の「泣くほど痛い」から「ほんのり温かい程度」に変わりました。

これは、従来は、皮膚の深いところにある毛根にレーザーを照射して、熱エネルギーを与えていたのに対して、メディオスターは、皮膚の浅いところにあるバルジ領域にレーザーを照射するためです。

メディオスターで脛毛(すねげ)を脱毛した30代の友人男性は「海水パンツをはいた時に見えるすね毛が気になっていた」と語り、「次は、胸毛の脱毛に挑戦したい」と満足そうな様子です。

私は大学生の頃、長年付き合っていた彼女に二股されていた事があり、その頃から女性不振になっていました。

もともと一人でいる事が好きで、休日は一人でカフェに行ったり、読書したりして過ごしていました。

気づくと30歳になり、心配した両親がお見合いを勧めてきました。

相手の女性は、父親の知り合いの娘さんで、どうしてもと言われ、断ることが出来ず、お見合いをすることになりました。

相手の女性の年齢は31歳で、写真で拝見する限りでは美人でしたが、少し気の強そうな感じでちょっと苦手な感じでした。

お見合い当日、相手の女性と会ってみると、写真で見るよりもかわいらしい感じで、とても雰囲気のいい優しい人でした。

当時は、彼女いない歴7年くらいだったので、会話もたどたどしく、途切れる事も多かったですが、相手の女性は笑顔で話しかけてくれました。

その日はお互いに連絡先を交換し、後日デートの約束をしました。

デートは彼女の希望で海遊館に行き、夜は居酒屋で食事する事にしました。

(おしゃれなお店は苦手とのことでした。)

居酒屋さんでは、お酒も入った事もあり、長年付き合っていた彼女に二股を掛けられていた事、女性不振であることも打ち明けました。

彼女のほうも同じような経験をしているので、気持ちはわかると言って涙を流してくれました。

とても心優しい人で、少しずつですが距離が縮まって2年後に結婚する事になりました。
幸せになるには、真剣に婚活に向き合うこと婚活に向き合うことが大切です

今では、幸せな家庭を築いています。

|遺産相続の相談をしよう|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科|SEOアクセスアップ相互リンク集|貯蓄|家計見直しクラブ|スマホチャットレディ|ネット副業|JALカード|GetMoney|